夢農人とよた - 愛知県豊田市の農家が情報発信夢農人とよた

夢農人とよたは「農業の未来と本気で向き合う」若手プロ農家集団です。

お知らせ

4月24日(日)ゆめのたねファーム高木が、「朝来市未来農業シンポジウム」にて講演しました。

4月24日(日) ゆめのたねファーム高木が、兵庫県朝来市のささゆりホールにて開催された「朝来市未来農業シンポジウム」に講師として参加し、農業組織の作り方などを話してきました。

参加者は朝来市の専業、兼業農家が30名ほど参加でした。
講演者は夢農人高木のほか、京都のネギ栽培、販売急成長しているロックファーム京都株式会社 代表取締役 村田翔一様
ひさ農園、久洋平様 の計3名で話しました。

朝来市は瀬戸内海と日本海の中間地点の、山間地域ですが、播但道を使えば姫路へ30分圏内、京都へもほど近い立地となります。
特産品はネギ。岩津ねぎを推進しています。

前半は3名それぞれの講演です。

村田様は消防士から、家業のネギ農家へUターン、3年で売上1億突破する農業法人を育成しています。京都のネギ周年出荷のほか、白いブランドトウモロコシ「京都舞コーン」などの、独自ブランドを開発しています。
ロックファーム京都

久農園様は山椒、ネギ栽培、部会組織での販売です。もともと静岡出身ですが、縁あって朝来市へ移住。農業をしています。また、「あさご豊作」という組織を作り、農家の横の連携としてまずは情報交換という位置づけで頑張っています。
久(ひさ)農園

後半はシンポジウムです。進行役は流通経済研究所の折笠様。
当初は農業組織つくりという話でしたが、農業経営の内容のほうが興味があるということで、組織を作ることで、自分の経営にどう生かしていくか、反映のさせ方などを話しました。

夢農人の特徴は
①事務局が異業種で、行政や金融機関ではないこと
②多種多様な品目が存在していること
③世代の幅が広いが、若い人の意見を積極的に生かそうとする姿勢がある。
ということに大変興味を持たれていました。

3人の共通認識が「かっこいい農業」として掲げていたのが印象的でした。
どの組織も声が大きい人が主導権を握る、年寄りが若い人の芽をつぶす。ということが課題になっていたり、若い人の育成をどのようにしているか、仲間として迎え入れているかなどの意見交換がなされました。

自分も夢農人に加入して、まだ年月が浅いですが、改めて、豊田の農業の強さや柔軟性、夢農人の素晴らしさを認識しました。
今後もこのような講演を通じた交流などが全国へと広がっていくことを願います。

夢農人では講演依頼に積極的にお応えしています。
お申込みは各種ご依頼窓口まで。



3月14日(月)お茶の純平といしかわ製茶が2021年度豊田市農産物ブランド化推進協議会品評会にて金賞受賞しました!

3月14日、2021年度豊田市農産物ブランド化推進協議会品評会の表彰式が行われ、夢農人メンバーの碧園お茶の純平山内が「かぶせ茶の部」にて、いしかわ製茶石川が「てん茶の部」にてそれぞれ金賞を受賞しました。

参考:地産地食応援ページ(豊田市)

※写真の掲載は許可をいただいています。



3月13日(日)WE LOVE とよた フェスタに夢農人とよたが出店します!


WE LOVE とよた フェスタに夢農人とよたが出店します!
3月13日(日)
時間:10:00~15:30
会場:スカイホール豊田(豊田市八幡町1-20)

ご購入者にガラガラ抽選をご用意。
景品は、おいでん市場でご利用頂ける20円券の末賞から、野菜(桃太郎ゴールド:大橋農園、マーブルピンクのカリフラワー:ゆめのたねファーム)などです。
ご来場の際は、ぜひお立ち寄りください。
お待ちしております。


3月1日(火) 崇化館中学校にて講演を行いました。

豊田市立崇化館中学校様よりご依頼いただき夢農人メンバー加藤農園が「とよたの農業」についてお話してまいりました。
夢農人では講演依頼等積極的に対応しております。
ご依頼は各種お問い合わせよりお願いします。

参考:地産地食応援ページ(豊田市)
※写真の掲載は許可をいただいています。



2月5日(土)豊田市環境学習施設エコットにて講演を行いました。

豊田市環境学習施設エコットにて開催されました気候変動適応策セミナーの講師として、夢農人相談役のいしかわ製茶石川が農業現場で起こっている地球温暖化問題など話題提供させていただきました。
夢農人では講演依頼等積極的に対応しております。
ご依頼は各種お問い合わせよりお願いします。


3月1日(火) 豊田市消防本部防災学習センターにて夢農人が協力した防災備蓄食品アレンジレシピの展示を1ヶ月間いたします。

豊田市消防本部防災学習センターにて夢農人が協力した防災備蓄食品アレンジレシピの展示が3月1日より1か月間行われます。
こちらのレシピ考案は賞味期限切れによる食品ロスとなりがちな防災備蓄食品を美味しく食べきろうと豊田市ごみ減量推進課さんより依頼をいただき、愛知工業大学のクッキングコミュニティーサークルHill'sさんと共同で取り組みました。
是非防災学習センターにてご覧いただき、備蓄食ロス削減に繋げていただければ幸いです。




1月12日(水)いしかわ製茶 石川が愛知産業大学経営学部で講演しました。

1月12日(水)愛知産業大学経営学部の三年生さんに、いしかわ製茶石川が現代マネジメントの特別講師としてお話させていただきました。
就職活動を控えられているとの事でしたので、夢と現実の話や努力し続ける事の大切さを伝えました。

・何度も諦めそうになることもあるけど、何度もやったからこそできることもあるし、それは無駄にはならないということを学んだので、今後就職活動で苦しいことがあると思うが今までの経験、頑張って来たことを思い出してやり切ろうと思えた。

・チャンスを逃さない行動力が重要であるということを学んだことで、就活に向けて現在、そしてこの先も積極的にセミナーや説明会、インターンシップに参加し行動力を高め、いざと言う時のチャンスを掴めるようにしていきたい。

・人生はキッカケひとつで大きく変わると言うことを学びました。私もそのきっかけに気づけるように常日頃から準備しておきたいと思いました。

などの感想をいただきました。

夢農人では講演依頼に積極的にお応えしています。
お申込みは各種ご依頼窓口まで。

※写真と感想の掲載は大学の許可をいただいています。


3月26日(土)、27日(日)「アーモンドまつり」で新鮮野菜などを販売します


3月26日(土)27日(日)9時〜16時まで、サロン・ド・テ 名古屋ふらんすで開催されます
「アーモンドまつり」に夢農人とよたが出店します。

※夢農人とよたは、名古屋ふらんす本店のみの​出店です。

夢農人とよたの出店予定
26日(土)
トヨタファームの豚肉を使っている「金と銀」(唐揚げ店)
ながた農園のいちご、mamas'農園のポン菓子など

27日(日)
トヨタファーム、ゆめのたねファーム、mamas'農園、中甲など

ぜひ遊びにきてください。

アーモンドまつりについて詳しくはこちらでご確認ください。


3月3日(木)農林水産省と東海農政局主催のトークセッションにいしかわ製茶石川が登壇します

3月3日(木)農林水産省と東海農政局主催のトークセッションに、夢農人相談役のいしかわ製茶石川が登壇いたします。
無料のオンライン開催となりますので、ご興味がございます方はぜひご覧ください。

「食から日本を考える。ニッポンフードシフト ~捨てたもんじゃないぞ!東海の農業~」トークライブ
◉2022年3月3日(木)14:00〜16:30
◉Webex Meetingsによるオンライン開催
◉200名(先着順)
◉参加費:無料
◉申込:東海農政局 専用ページ
 「捨てたもんじゃないぞ!東海の農業」

◉申込期限:2022年2月25日(金)
▼「食から日本を考える。ニッポンフードシフト ~捨てたもんじゃないぞ!東海の農業~」トークライブ(参加申込み・概要)

夢農人では講演依頼に積極的にお応えしています。
お問い合わせは各種ご依頼窓口までお願いします。




12月13日(月)北海道農業士協会様の依頼で講演を行いました。

12月13日 札幌市にて北海道農業士協会様よりの依頼で、
夢農人相談役いしかわ製茶石川龍樹が講師を務めてまいりました。

タイトルは「サステナビリティが道を拓く」。
自身の経験を元に人との繋がりを大切にする事が、より良い未来を作り出していくと
お話させていただきました。
また農業を持続可能にしていくにはどうすれば良いかグループで討議する時間もありました。

夢農人では講演依頼等積極的に対応しております。
ご依頼は以下各種お問い合わせよりお願いします。
夢農人とよた 各種お問い合わせ




10月30日 食品ロス削減全国大会in豊田に協力しました

10月30日(土)に開催されました食品ロス削減全国大会in豊田に、夢農人は地産地消ブースにマルシェ出展、防災備蓄食を美味しく食べるレシピ考案で協力し、またトークセッションに夢農人相談役いしかわ製茶石川が登壇しました。
大会の様子は豊田市ホームページにて12月31日まで動画公開されています。
市制70周年記念事業「食品ロス削減全国大会in豊田」(豊田市ホームページ)




11月10日(水)いしかわ製茶 石川が愛知工業大学で講演を行いました。

11月10日(水)愛知工業大学経営学部スポーツマネジメント専攻の学生さんへいしかわ製茶石川が出張講演をしました。

自身がプロボクサーとして培った経験を現在の仕事でも活かしている事を中心にお話しました。

学生さんの主だった感想です。

「本気で取り組み、継続し、結果を出す。このサイクルを実現させる事が成功の要因であると感じた。」

「面白い話でした。これから生きていく中で何を武器にするかを考えるいい機会になりました。」

「今日来た人は農家の人だけど、スポーツにも当てはまるし、将来にも役立つ考えなので参考にしていきたいと思いました。」

夢農人では講演依頼に積極的にお応えしています。

お申込みは以下各種ご依頼窓口まで。



11月9日(火) 関谷醸造が名古屋国税局酒類鑑評会にて名古屋国税局長賞を受賞しました。

関谷醸造が、名古屋国税局酒類鑑評会 燗酒の部で「蓬莱泉 BLACK」が最優秀賞にあたる名古屋国税局長賞に選ばれました。
「蓬莱泉BLACK」は端麗辛口!スッキリしたシャープな口当たりのため、食中酒・日常酒として飲み飽きしないお酒です。
また、同じく燗酒の部で「一念不動ひやおろし」は、優等賞に選ばれました。

令和3年度(第70回)名古屋国税局酒類鑑評会について



11月10日(水)豊田市立井郷中学校にて、講演を行いました。

11月10日(水) ゆめのたねファームの高木が、豊田市立井郷中学校にて講演を行いました。
食育ということで、いつも露地野菜と接している経験を生かして、キャベツの一生と、育てているときの心情を中心にお話ししました。
「農業は自ら種をまき、育み、そして収穫という命を断つ仕事」というお話をしてきました。
3年生は体育館で、1、2年生はテレビで中継を見るという形で、感染対策をとりながら講演をすることができました。
少しでも食べるときに食べ物の裏側に興味がいくことを願います。




11月7日(日)視察を行いました。

11月7日(日)、園芸用ハウスを利用したバーベキュー場とキャンプ場があるアウトドアガーデンいなぶの視察に、総勢7農家が参加しました。

農家の新しい生き方や使わなくなったハウスの有効活用を見学。
農家とシステムエンジニアが組んで、タブレットの活用で接客が省力化・非接触化できていたりと、その仕組みの良さがわかりました。

キャンプは夏×ファミリーのもの、と思っていましたが、春や秋に一人キャンパーが多いということにも驚きました。外でもWi-Fiが使用でき、とても便利でした。手探り感のある受付なども、手のかかったお出迎えといった感じで良かったです。

花業界も、需要減・供給減という斜陽業界で厳しい中、今回の生き残り戦略は良いアイデアだと感じました。
今後の農業の新しいカタチになると思いました。

視察について、夢農人とよたのFacebookでもお知らせしています。
夢農人とよたFacebook



10月30日(土) 食品ロス削減全国大会のトークセッションにいしかわ製 茶石川が登壇します。

10月30日(土)食品ロス削減全国大会のトークセッションに、夢農人相談役のいしかわ製茶石川が登壇いたします。
是非お申込みの上で会場へお越しいただければ幸いです。
▼「食品ロス削減全国大会in豊田」を開催します!(参加申込み・大会概要)




10月2日(土)、10月3日(日) 耕Life SDGs マルシェで新鮮野菜を販売します。


10月2日(土)3日(日)10時30分〜15時まで、とよたエコフルタウンで開催されます
「耕Life SDGs マルシェ」に夢農人とよたが出店します。

新鮮な野菜など農産物を販売します。

ご家族そろって、ゆっくりと遊びにきてください。

耕Life SDGsマルシェについて詳しくはこちらでご確認ください。


HOME